天皇賞秋で優勝した最高齢馬

秋の盾を掴む!天皇賞秋の名勝負

2009年の天皇賞秋を制したカンパニーは、8歳という年齢で勝利をしたわけですが、これは天皇賞秋における最高齢馬による勝利となっているのです。
また、このレースだけに限らず全てのG1レースを含めても、現時点では最高齢での勝利となっています。
競走馬における8歳は、かなりの高齢であることは言うまでもありません。
8歳という年齢で走ること自体凄いですが、8歳でG1レースで好走するというのは、とてつもないことだと言えるでしょう。
では、なぜカンパニーは2009年の天皇賞秋を、最高齢馬として勝利することができたのでしょうか。
まず1つの理由として、カンパニーは年齢を重ねても衰えるどころか、むしろさらに競走馬としての能力が高くなっていたのです。
G1を含めて重賞レースを9つ勝利しているのですが、そのうちの7つが6歳以上になってから勝利したものなのです。
さらに、8歳になってからも天皇賞秋を含めて、4つの重賞レースを勝利しており、この馬にとって年齢は全く関係なと言っても過言ではないのです。
もう1つの理由として、カンパニーは天皇賞秋を勝利するまで、かなり安定したレースを続けていました。
特に6歳になってからは、掲示板を外したのは1回しかなく、その後はG1レースを含めて全て5着以内に入っていたのです。
つまり、元々G1を勝つだけの能力はあったので、今思えば天皇賞秋を勝ったのも予想できなかったことではありませんでした。
もっとも、2009年の天皇賞秋は高メンバーが揃っており、いくらカンパニーの実力であっても、勝つのは難しいと考えていた人が多かったでしょう。
現に、人気の方も5番人気となっており、決して多くの支持を集めていたわけではありませんでした。
このレースには多くのG1馬が出走していましたし、特にウオッカには大きな注目が集まっていたので、カンパニーに関しては伏兵という評価だったのです。
しかし結果の方は、見事カンパニーが鋭い末脚で勝利を収めて、最高齢馬といて天皇賞秋を制覇したわけです。
この馬にとっても、8歳にして初めてとなるG1勝利となり、関係者の人たちの喜びも非常に大きかったことでしょう。
また、カンパニーは次のマイルチャンピオンシップも見事に勝利して、最終的にG1を2勝して現役を終えることになりました。
決して派手な成績を残したわけではありませんが、競馬ファンに与えた印象やインパクトはとても大きいものがあります。